18年3月、世界最大1300坪の無印良品が大阪府に誕生!

 

世界最大の無印良品が18年3月に大阪に誕生!

photo 良品計画

 

 2018年3月20日、無印良品が世界最大の店舗を出店します。世界最大の無印良品は、店舗面積が4300㎡(1300坪)と超大型店クラスです。無印良品が出店するのは、大阪府堺市の「イオンモール堺北花田」。無印良品は、2010年にイオンモール堺北花田1階に150坪程の店舗を出店していました。今回、その店舗を移転し、18年3月20日に世界最大の店舗をオープンします。世界最大の無印良品に併設するのは、無印良品が展開する飲食「Cafe&Meal MUJI(386㎡|117坪)」。無印良品・Cafe&Meal MUJIを合わせて、店舗面積が4300㎡(1300坪)となり、世界最大の店舗となるのです。

 世界最大の無印良品は、「食」をテーマとする大型専門売場を配置し、スーパーや産直でよく見かける光景の生産者とのつながりを考える展開もするそうです。2017年7月、無印良品有楽町店(超大型店)で野菜・果物の販売をスタートさせていました。その業態の最新型が「食」の大型専門店。生鮮食品は、「産地直送」を基本としており、野菜・精肉・鮮魚などを販売するそうです。また、無印良品が厳選した加工食品・パンなども揃えます。ここでは、フードコートも設置し、総菜・乳製品・ジュースなどがその場で食べることも可能です。また、お客さんが体験する場としての訴求も準備しており、旬の素材をシェフが伝授する料理教室などのお客さんが体験する場として、エンターテインメントの追及もするようです。

世界最大の無印良品は、阪急百貨店が撤退した背景がある

 

 世界最大の無印良品が大阪府堺市に誕生した背景は、なぜか?それは、2017年7月31日に閉店した「堺北花田阪急」が関係しているようです。堺北花田阪急は、2004年10月28日に開業しました。当時、株式会社ダイヤモンドシティが開発した「ダイヤモンドシティプラウ」の核店舗として堺北花田阪急は、16000㎡(4800坪)で1階から3階までに出店していました。ちなみに現「イオンモール堺北花田」の核店舗として、総合スーパーのイオン北花田・デパートの堺北花田阪急は、2核1モールであり全国でも珍しい総合スーパー&デパートのショッピングモールでした。

 しかし、2016年3月期の堺北花田阪急の年商は、88億円に対し、営業利益は▲2億円。堺北花田阪急のピーク時は、年商100億以上で2014年までは黒字だったようですが、2015年に赤字に転落。要因は、2014年10月大阪南部に開業した「ららぽーと和泉」や2016年3月に直線距離5キロに出店した「イオンモール堺鉄砲町」などの影響が大きく出ている模様です。競争環境の変化と業績の立て直しは、百貨店としては難しいと判断したのではないでしょうか。

 

 ちなみに阪急阪神百貨店の閉店は、2016年1月に「あまがさきキューズモール」・2月の阪急百貨店台湾撤退以来となるようです。今回の閉店に伴い、阪急阪神百貨店は7億8千万円の減損損失を計上しています。

 無印良品が世界最大の店舗を出店できたのは、堺北花田阪急の撤退が大きく影響をしているのです。

イオンは、なぜ世界最大の無印良品を出店できたのか?</h2 >

photo 良品計画

 

 世界最大の無印良品が出店できたのは、堺北花田阪急の撤退が大きく関係していることがわかりました。堺北花田阪急の撤退跡地に1階から3階までを専門店・テナントを揃えるのは、相当難易度が高いはずです。なぜなら、直線距離5キロに「イオンモール堺鉄砲町」が立地しているからです。

 

 堺北花田阪急が撤退する前、イオンモール堺北花田の専門店店舗数は、およそ150店舗。堺北花田阪急の面積が16000㎡(4800坪)で想定すると、1店舗当たり130㎡(40坪)で計画した場合、120店舗強を誘致しなければなりません。2016年3月にイオンモール堺鉄砲町がオープンした以上、出店は見込めないと判断したのではないでしょうか。そこでイオンが立てた戦略は、超大型店の誘致へ舵を切ったのでしょう。

 こちらのフロアガイドを確認すれば、一目瞭然です。

 

 1階に世界最大の「無印良品」、2階に「ユニクロ」・「GU」、3階に「食堂カフェpotto×タニタカフェ」・「フルーツインライフ×カリン」・ドラッグストア「ココカラファイン」・大型家電専門店「エディオン」・ホットヨガスタジオ「LAVA」・低価格ジェルネイル専門店「FAST NAIL」などが出店しています。

 堺北花田阪急の撤退跡地に出店したのは、9店舗。超大型店で面積を埋めたことで100店舗以上の誘致が必要だった課題を一気に解決しているのです。イオンの戦略が見えたような気がします。

 ちなみに堺北花田阪急が年商88億円をこの9店舗でカバーすることは可能なのでしょうか?実態はわかりませんが、デパートの客数・客単価と専門店の客数・客単価を考慮すると、年商100億を達成することは不可能ではないかと思われます。イオンモール堺北花田の年商は、下がっていくでしょう。

 イオンモール堺北花田の魅力は、2核1モールで総合スーパーとデパートだったことです。堺北花田阪急の撤退は、イオンモール堺北花田に大きなダメージを与えていると言えるのではないでしょうか。

 



 

 イオンモール堺北花田の生まれ変わりに期待します。

世界最大1300坪の無印良品が大阪府に誕生! 更新履歴

2018年 2月10日発信

 

関連記事

  1. イオンモール松本、9月21日開業へ 県内初「H&M」ほか、地元企業も多数出店(松本経済新聞)

  2. MONA新浦安/ピーコックストア跡地にイオン新業態誘致(流通ニュース)

  3. 2018年春、ラゾーナ川崎が開業以来2度目の大規模リニューアル

  4. 18年3月、神奈川県の日産工場跡地にイオンモール座間がオープン!

  5. 大洗リゾートアウトレット 「まいわい市場」が取得、再生へ(東京新聞)

  6. イオンモール倉敷が6年ぶり大改装|100店舗刷新してリニューアル

  7. イオンモール西風新都・いわき小名浜が開業発表|広島・福島に新施設

  8. 無印良品の家具と収納がママムジラーに支持される3つの魅力って?(T-SITE)

  9. H&M|ららぽーと立川立飛 11月オープン!東京都内10店舗目

目的からさがす

  1. 三井不動産「ららぽーと・三井アウトレットパーク」売上高ランキン…

    2019.07.19

  2. 三井不動産「ららぽーと・三井アウトレットパーク」売上高ランキン…

    2019.07.18

  3. 2019年第29週 全国の商業施設・アウトレットのセール&バーゲン情報

    2019.07.17

  4. 2019年第28週 全国の商業施設・アウトレットのセール&バーゲン情報

    2019.07.07

  5. ヤフーが新サービスを発表!「PayPayモール」と「PayPayフリマ」と…

    2019.07.05

  6. 子ども服の「マザウェイズ(motherways)」が破産 負債総額70億

    2019.07.03

  7. 2019年第27週 全国の商業施設・アウトレットのセール&バーゲン情報

    2019.07.02

  8. 全国のアウトレット・アウトレットモール一覧|ショッピング施設情報

    2019.06.27

  9. 2019年第26週 全国の商業施設・アウトレットのセール&バーゲン情報

    2019.06.26

  10. 都道府県別ショッピングモールランキング2019

    2019.06.25

  1. ラゾーナ川崎プラザ|商業施設ガイド

  2. ららぽーとEXPOCITY|商業施設ガイド

  3. 阪急西宮ガーデンズ|商業施設ガイド

  4. ららぽーとTOKYO-BAY|商業施設ガイド

  5. 御殿場プレミアムアウトレット|商業施設ガイド

  6. イオンレイクタウンmori|商業施設ガイド