ワークマン新業態「WORKMAN Plus」で100店舗出店

ワークマンの新業態

 CMでよく目にするワークマン。

 全国825店舗を展開する作業用品、ワークウェア専門店です。

 ワークマンを展開するのが株式会社ワークマン。

 1982年8月、群馬県伊勢崎市で誕生しました。

 そのワークマンがショッピングモールに出店する。

 2018年9月5日に発表されました。

なぜワークマンは、新業態開発をしたのか?

 ワークマンは、フランチャイズで全国に825店を展開するチェーンストアです。

 

 ワークマンは、業界1位。

 

 業界2位は50店舗、業界3位は41店舗と圧倒的な店舗数と年商を誇るリーディングカンパニーなのです。

 

 売上は8期連続増収。

 利益も8期連続増収。

 

 ワークマンは、他社を圧倒しています。

 

 ワークマンのターゲット層は、もともと個人のプロ向け。

 そこからターゲット層を拡大するために一般客向けと小規模法人向けに力を入れていました。

 そして今回の新業態。

 

 なぜ、新業態を開発したのか?

 メインターゲットである建設技能労働者数が引退などによる減少で右肩下がりとなっているからです。その結果、新業態として「WORKMAN Plus(ワークマンプラス)」を出店するとなったようです。

WORKMAN Plusのターゲット

 ワークマンプラスのターゲットは、一般客。

 

 実は、ワークマンは機能ウェアを2年以上前から展開していました。

 

 その自社ブランドが好調であることから一般顧客向けに販売するために今回のショッピングモール出店に舵を切ったということなのでしょう。

ワークマンプラスの機能ウェア

 ワークマンは、機能ウェアを3ブランド展開。

 ・Field Core(アウトドアウェア)

 ・Find−Out(スポーツウェア)

 ・AEGIS(イージス)

 

 この3ブランドは、仕事用として開発したものでしたが、SNSや口コミで人気が出たことでシチュエーション別に3ブランド化しました。

 売上高の推移は、

 2017年 30億

 2018年 60億

 2019年 115億見込み

 

 さらに売上高の推移も右肩上がりと牽引。

 一般顧客構成比も2割となりました。

 

 結果、ショッピングモールへの出店。

 

 WORKMAN Plusが誕生したのです。

ワークマンプラスの取扱商品とは?

 現在、高機能ウェア市場に目を向けると有名スポーツメーカーが独占している状況です。そこでワークマンプラスは、低価格戦略で攻め込みます。

 

 ・アウトドアウェア半額以下

 ・スポーツウェア3分の1

 

 価格帯は、魅力的な設定といえます。

 

 品揃えについては、どうなるか?

 ・プロ向けワークウェア → なし

 ・作業用品 → なし

 ワークマンプラスの取扱商品は、

 ・防寒

 ・防暑

 ・防風

 ・防水性

 ・動作性

 上記に特化した高機能ウェアのみとなります。

今後の展開と戦略

 ワークマンプラスの商品は、ベーシンクデザイン。

 そのため、一般客もプロ顧客も使えるのがメリットです。

 

 さらに10万着単位の生産が可能。

 

 最も魅力的なのが、

 定価販売のみ。(値引きしない)

 

 そのため、待っていれば安くなるというようなこともありません。

 必要なとき、欲しいときに買う商品となっているのです。

 ワークマンプラスは、ショッピングモールに10店舗出店。

 状況を判断し、今後は100店舗に増やすという計画もあるようです。

 

 1号店は、ららぽーと立川立飛。

 店舗面積は、60坪。

 目標年商が1億2,000万。

 今後数年で100店舗出店し、120億を目指します。

WORKMAN Plusは成功する?

 ワークマンの新業態。

 WORKMAN Plus。

 

 高機能ウェアを低価格で販売。

 主に出店する場所がショッピングモール。

 

 目標が1億2,000万。

 100店舗展開も計画済。

 現実的な視点で考えると。

 ショッピングモールで1億2千万を売ることは難しいでしょう。

 

 専門店で年商1億2千万。

 どんな有力なショッピングモールでも数えることが出来ます。

 

 目標は高く持ちつつ、現状を冷静に見る。

 もっとも重要なのは、賃料とのバランス。

 

 ワークマンプラスが全国のショッピングモールで見ることが出来るか、見ることが出来ないか?

 答えは見えてきそうです。

 今後の店舗展開が見どころです。

関連記事

  1. 流通の巨人 世界最大のウォルマートが日本撤退|西友売却を発表

  2. イオンモール松本の中核店が4ヶ月で撤退表明!大赤字で苦渋の決断!

  3. 三陽商会17年上期は162店舗閉鎖、赤字幅を縮小(Fashionsnap.com News)

  4. 生活雑貨 ママイクコ 負債35億で民事再生法の適用を申請

  5. 丸井はもはや「百貨店では無い」8期連続増益の理由(ZUU online)

  6. 三井不動産のECサイト「&モール」は1000億円を突破できるか?

  7. ECが普及してもファッション領域で「実店舗」がカギを握る理由(Forbes Japan)

  8. 阪急阪神HD「堺 北花田阪急」がイオンモール堺北花田から撤退したワケ

  9. アパレル大手のワールドが実践した会社を再生する方法(前編)

目的からさがす

  1. 三井不動産「ららぽーと・三井アウトレットパーク」売上高ランキン…

    2019.07.19

  2. 三井不動産「ららぽーと・三井アウトレットパーク」売上高ランキン…

    2019.07.18

  3. 2019年第29週 全国の商業施設・アウトレットのセール&バーゲン情報

    2019.07.17

  4. 2019年第28週 全国の商業施設・アウトレットのセール&バーゲン情報

    2019.07.07

  5. ヤフーが新サービスを発表!「PayPayモール」と「PayPayフリマ」と…

    2019.07.05

  6. 子ども服の「マザウェイズ(motherways)」が破産 負債総額70億

    2019.07.03

  7. 2019年第27週 全国の商業施設・アウトレットのセール&バーゲン情報

    2019.07.02

  8. 全国のアウトレット・アウトレットモール一覧|ショッピング施設情報

    2019.06.27

  9. 2019年第26週 全国の商業施設・アウトレットのセール&バーゲン情報

    2019.06.26

  10. 都道府県別ショッピングモールランキング2019

    2019.06.25

  1. ラゾーナ川崎プラザ|商業施設ガイド

  2. ららぽーとEXPOCITY|商業施設ガイド

  3. 阪急西宮ガーデンズ|商業施設ガイド

  4. ららぽーとTOKYO-BAY|商業施設ガイド

  5. 御殿場プレミアムアウトレット|商業施設ガイド

  6. イオンレイクタウンmori|商業施設ガイド