沖縄初進出!アカチャンホンポが地元企業とタッグを組んだワケ

アカチャンホンポが沖縄の商業施設に初進出

 2019年夏、「アカチャンホンポ」が沖縄県に初進出することがわかりました。

 アカチャンホンポは、ベビー・キッズ用品の専門店。

 大型店で品揃えも豊富。

 1度は利用したことがあるのではないでしょうか。

 2018年現在、112店舗。

 34都道府県に出店しています。

 アカチャンホンポと言えば、路面店やイトーヨーカドー2階というイメージが強いのではないでしょうか。

 

 なぜなら、セブン&アイグループだから。

 

 こちらは、ピックアップした3施設。

 それぞれフロアガイドを見てみましょう。

 ・ららぽーとTOKYO-BAY

 ・ららぽーと甲子園

 ・ららぽーと新三郷

 

 イトーヨーカドーがありますね。

 ららぽーとは、イトーヨーカドーとタッグを組んで出店しているような形態をとっています。

アカチャンホンポが沖縄に進出したワケ

 まずは、沖縄県に店舗がない。

 

 1つ目の理由。

 2022年までに全都道府県進出。

 

 2つ目は、

 地元企業が運営。

 

 3つ目は、

 パッケージライセンス契約。

 この3点が沖縄にアカチャンホンポが初進出となった理由。

 実は、アカチャンホンポは、すべて直営。

 今回初めて、直営以外となります。

パッケージライセンスとフランチャイズの違い

 パッケージライセンスとは、あまり聞いたことありませんね。

 

 ライセンス契約で成功した企業。

 それは、「スターバックス」。

 

 スターバックスが重要としているのは、立地条件。

 フランチャイズ契約は、立地条件も規約に含まれているため、自由度の高いビジネスは出来ません。パッケージライセンスとフランチャイズの違いは、ここなのです。

 スターバックスが成功したのは、ライセンスビジネスだったこと。

 そこで、アカチャンホンポもパッケージライセンスという形態を取ったのでしょう。

パッケージライセンスとフランチャイズのメリット・デメリット

 この2つの違いは、簡単にいうと。

 

 規約で固められているかいないか。

 これだけのようです。

 ちなみにライセンス契約は日本であまり浸透していません。

 

 ライセンスビジネスは規約がほとんど無いため、自由度の高いビジネス展開が可能。しかし、本部からのバックアップがありません。

 


 フランチャイズは研修制度や安定したフォローがあります。しかし、フランチャイズは規約で決定しているため、自由度がないというデメリットがある。独立するまでのフォローや集客のためのノウハウを教わることができるので、失敗する確率が非常に低いというメリットがあります。

 

 

 どちらを選ぶか?

 

 メリット・デメリットを理解しておかなければなりません。

アカチャンホンポとサンエーのパッケージライセンス

 今回、アカチャンホンポとサンエーが結ぶ「パッケージライセンス」は、ブランド名や運営ノウハウの仕様を認めるもの。

 アカチャンホンポ側が目指す、全都道府県出店という戦略に向けた新しい取り組みとしてのものでしょう。

 

 スターバックスのように成功すれば、

 直営店から切り替えも予想されます。

アカチャンホンポが沖縄に出店できなかった理由

 アカチャンホンポは、沖縄に進出を計画していたものの現状が難しい。

 それは、物流の問題でした。

 物流の課題を解決できた理由。

 

 商業施設を運営するサンエーの物流網を活用すること。

 沖縄は物流面の課題から出店できませんでしたが、サンエーの物流網を活用することで実現にめどが立ったとのこと。沖縄県は、出生率も非常に高く、外国人観光客や日本人観光客も多い。

 

 また、気候も違うことから在庫の消化には必要な地域との見方もあるようです。

 その結果、契約締結を選んだ。

アカチャンホンポ沖縄は、400坪の標準店舗

 アカチャンホンポは、商業施設の2階に計画する。


 店舗面積は、およそ400坪。

 アカチャンホンポの標準的な店舗となる予定です。

 品揃えは、1万2千点。

 沖縄独自の品揃えや商品開発も検討するとの報道もありました。

 

 沖縄初進出のアカチャンホンポ。

 沖縄の人にも良いニュースです。

関連記事

  1. オートバックス、ショッピングモール内のコンパクトな店舗「オートバックス Mini」(Car watch)

  2. アパレル大手のワールドが実践した会社を再生する方法(後編)

  3. ABCマートの海外仕入・卸売業務を支える基幹システムをクラウド上に全面移行(JIJI.COM)

  4. ECが普及してもファッション領域で「実店舗」がカギを握る理由(Forbes Japan)

  5. 急膨張するRIZAP。アパレルから住宅まで51社5000人で結果にコミットできるか——瀬戸社長に聞く(BUSINESS INSIDER JAPAN)

  6. 10年後には、日本の「家電量販店」は消滅しているかもしれない(現代ビジネス)

  7. セブン銀行の収益の9割を稼ぎ出す「モノ」を作り続ける人(DIAMOND online)

  8. 「プレミアム・アウトレット」で会員情報27万件の流出を認める

  9. 小学館「マネーポストWEB」、雑誌からウェブに完全移行で月間800万PV突破(PR TIMES)

目的からさがす

  1. ダイソー DAISO|群馬県|超大型店・大型店・小型店|店舗一覧

    2019.02.21

  2. 鳥取県 日吉津村|商業施設・アウトレット・ショッピングモール

    2019.02.21

  3. 鳥取県 琴浦町|商業施設・アウトレット・ショッピングモール

    2019.02.21

  4. 鳥取県 倉吉市|商業施設・アウトレット・ショッピングモール

    2019.02.21

  5. 鳥取県 米子市|商業施設・アウトレット・ショッピングモール

    2019.02.21

  6. ダイソー DAISO|栃木県|超大型店・大型店・小型店|店舗一覧

    2019.02.20

  7. 和歌山県 岩出市|商業施設・アウトレット・ショッピングモール

    2019.02.20

  8. 和歌山県 湯浅町|商業施設・アウトレット・ショッピングモール

    2019.02.20

  9. 和歌山県 紀の川市|商業施設・アウトレット・ショッピングモール

    2019.02.20

  10. 和歌山県 新宮市|商業施設・アウトレット・ショッピングモール

    2019.02.20

  1. ラゾーナ川崎プラザ|商業施設ガイド

  2. ららぽーとEXPOCITY|商業施設ガイド

  3. 阪急西宮ガーデンズ|商業施設ガイド

  4. ららぽーとTOKYO-BAY|商業施設ガイド

  5. 御殿場プレミアムアウトレット|商業施設ガイド

  6. イオンレイクタウンmori|商業施設ガイド