ユニクロが米国で自販機展開、地域性を意識しなければ自滅する

 

ユニクロが米国で自販機展開、地域性を意識しなければ自滅する

SSG NewsPicks 170817-002.jpg

(画像:Webサイトより)

 

 空港やショッピングモールで自販機を設置

 ユニクロの自動販売機は約14.90ドルの機能性肌着である「ヒートテック」、また約69.90ドルの「ウルトラダウンジャケット」が売られている。両商品ともに日本国内だけでなく、東南アジアでもヒットした商品。

 ウルトラライトダウンは箱に入って、商品が見える窓が開いている。ヒートテックは円筒状の缶に入っている。ユニクロらしさというか、商品の機能性が最もよく打ち出されている商品であり、これから秋冬に備えた商品展開といえる。

 ユニクロでは8月からロサンゼルス近郊のショッピングセンターやニューヨーク州クイーンズのショッピングモール、さらにテキサス州のヒューストン空港など全米10ヵ所程度に設置するという計画だ。

 広大な米国で気候の違いを感じる空港内では重宝しそうだし、ユニクロ店舗がないショッピングモールでは「何コレ?」と興味を惹かれる商品だと思うが、ネット上では自販機で衣料品を販売して「売れるのか」とか、「失敗するだろうな」などと悪評ふんぷんである。

 ではなぜ、ユニクロがあえてこんな評判の悪い自動販売機の設置に踏み切ったのだろうか。

 

SSG:日本は日本、アメリカはアメリカ。日本と同一のビジネスモデルを世界展開するのは非常に難しい。名前は同じでもビジネスモデルは変えるべき。

関連記事

  1. 大盛況の「レゴランド マレーシア」 集客ふるわぬ日本との違いとは(ZUU online)

  2. 2019年10月ららぽーと沼津がオープン!出店予定の180店舗も大公開。

  3. みなとみらい「横浜ワールドポーターズ」運営会社の株式をイオンが取得

  4. 小学館「マネーポストWEB」、雑誌からウェブに完全移行で月間800万PV突破(PR TIMES)

  5. H&M 銀座店が閉店。日本初進出1号店が10年で幕引き。

  6. アメリカのGAPが200店舗も閉鎖を発表!日本のギャップも撤退か?

  7. イオン徳島開業から3カ月 周辺商圏に影響じわり(徳島新聞)

  8. TSIとストライプ、衣料を共同配送へ 生き残りへコスト削減(日本経済新聞)

  9. アメリカンイーグルの業績推移を見ると日本撤退の真相が分かる

  1. 2020年4月 全国の商業施設・アウトレットのセール&バーゲン情報

    2020.03.30

  2. ロフト LOFT|青森県|超大型店・大型店・小型店|店舗一覧

    2020.03.30

  3. イオンモール羽生|超大型店・大型店・小型店|店舗一覧

    2020.03.29

  4. ロフト LOFT|北海道|超大型店・大型店・小型店|店舗一覧

    2020.03.29

  5. ロフト LOFT|群馬県|超大型店・大型店・小型店|店舗一覧

    2020.03.28

  1. 全国の超大型・大型ショッピングモール|人気・おすすめランキング…

  2. 全国のアウトレットモールのすべて|人気・おすすめランキング

  3. 全国の超大型・大型ショッピングモール|人気おすすめランキング

  4. 全国の商業施設のお得なセール・バーゲン情報

  5. 関東の超大型・大型ショッピングモール一覧|人気・おすすめランキ…

目的からさがす