百貨店不振を招いたアパレルの「悪しき商習慣」に潰されない方法(MAG2NEWS)

百貨店不振を招いたアパレルの「悪しき商習慣」に潰されない方法(MAG2NEWS)

SSG NewsPicks 170803-008.jpg

(画像:Webサイトより)

 日本百貨店協会のデータによれば、2016年の百貨店市場規模は、5兆9,780億円ということでした。36年ぶりに6兆円を割り込んだとのことです。2000年には9兆円近くの市場規模でしたから、そこから30%以上も落ち込んでいます。その原因は、全体売上の3割を占めるアパレルの不振にあるようです。

 ちなみに、経済産業省の調べによると、2013年のアパレル国内市場規模は10.5兆円で12年間で約3分の2にまで縮んでいます。百貨店にとっての主力商品が落ち込めば、売上が下がっていくのも当然です。

 では、百貨店のアパレルはどうして売れなくなったのでしょう。7月31日の日経ビジネスでは、その「商習慣」に原因があると指摘しています。そして、その大きなものは「消化仕入」です。「消化仕入」とは、企業が納めた商品のうち、売れた分だけ支払いをするという仕組みです。「委託」と似ていますが、少し違います。「委託」は企業が納めたときに売上が立ちますが「消化仕入」は、一定期間に売れた分を「納品伝票」に切り替えて初めて売上となります。この場合、売場での商品管理も納入企業の仕事です。ですから「消化仕入」は、百貨店にとっては大変都合の良い仕組みになります。

 また、アパレル業界の商習慣として、売場の販売員は、アパレル企業から派遣されることが多いです。そして、売場の設営費や改装費は、百貨店ではなくアパレル企業が持ちます。となると、百貨店は単なる場所貸し業でしかありません。百貨店自体の商品調達力や販売力が低下するのは当たり前です。

SSG:この記事は本質をついていて大変勉強になります。百貨店に限らず、全ての商売をしている会社に関わることのような気がします。

記事を読む

(↑クリック↑)

スマートショップガイドがピックアップした記事

気になるニュースや記事をピックアップした記事は、こちらです。

 阪急デパートがイオンから撤退した本当の理由とは?

 レゴランドの今 周辺飲食店は「ジブリパーク来たら…」(NEWSポストセブン)

 三陽商会17年上期は162店舗閉鎖、赤字幅を縮小(Fashionsnap.com News).

 10年後には、日本の「家電量販店」は消滅しているかもしれない(現代ビジネス)

 大阪空港大改修 飲食・物販充実“遊べる空港”へ(神戸新聞NEXT)

関連記事

  1. アメリカのトイザらス復活できず。全店舗閉鎖で735店が0店へ。

  2. ヤフーが新サービスを発表!「PayPayモール」と「PayPayフリマ」とは?

  3. 三陽商会17年上期は162店舗閉鎖、赤字幅を縮小(Fashionsnap.com News)

  4. イオン子会社「スポーツオーソリティ」が18億超の債務超過

  5. 「プレミアム・アウトレット」で会員情報27万件の流出を認める

  6. 商業施設の「ガチャガチャ」は、いつから救世主になったのか?

  7. 「堺・北花田阪急」が閉店 跡地にはイオンモール(MBSニュース)

  8. 2019年10月ららぽーと沼津がオープン!出店予定の180店舗も大公開。

  9. 丸井水戸店が18年秋に25年の歴史に幕。年商25億で撤退を決意!

  1. 2020年4月 全国の商業施設・アウトレットのセール&バーゲン情報

    2020.03.30

  2. ロフト LOFT|青森県|超大型店・大型店・小型店|店舗一覧

    2020.03.30

  3. イオンモール羽生|超大型店・大型店・小型店|店舗一覧

    2020.03.29

  4. ロフト LOFT|北海道|超大型店・大型店・小型店|店舗一覧

    2020.03.29

  5. ロフト LOFT|群馬県|超大型店・大型店・小型店|店舗一覧

    2020.03.28

  1. 全国の超大型・大型ショッピングモール|人気・おすすめランキング…

  2. 全国のアウトレットモールのすべて|人気・おすすめランキング

  3. 関東の超大型・大型ショッピングモール一覧|人気・おすすめランキ…

  4. 関西の超大型・大型ショッピングモール(100件)|人気・おすす…

  5. 全国の商業施設のお得なセール・バーゲン情報

目的からさがす