イオンの第一四半期が利益改善した本当の理由|旧ダイエーが改善傾向

イオンの総合スーパーが26億の利益改善は本当か?

aeon03.jpg

出典:イオン

 2017年7月5日(水)に流通最大手のイオンが2017年3月から5月の連結決算を発表しました。

 第一四半期は、67億円の赤字。

 (前年は、93億円の赤字)

 イオンの総合スーパーは、前年93億円の赤字だったのが今期は67億円の赤字にとどまりました。改善の要因としては、固定資産の売却益や総合スーパーの販促費を圧縮したとのことです。

 イオンの総合スーパーは、2015年9月と2016年3月にダイエーからイオンリテール株式会社が運営を承継した店舗の改善も見られた模様です。

 ダイエーからイオンに変わった店舗は、イオンの商品や販売促進により、既存店売上高が3%伸び、商品販売利益率も1.6%程改善したとのことです。

売上高が3%伸びると、

 売上1億 → 売上1億300万

販売利益率が1.6%改善すると、

 販売利益20% → 販売利益21.6%

商品販売利益率20%で考えると、

 利益2,000万 → 利益2,160万

 つまり、1億の売上で160万が改善している計算になるのです。

 ダイエーからイオンに変わった店舗の第一四半期の営業収益はわかりませんが、1店舗2億くらいとし、100店舗とすれば、営業収益は200億。商品販売利益率を20%として想定し、1.6%の改善で計算してみます。

 第一四半期で3億くらいの利益改善をしているのではないでしょうか?

 

 このようにダイエーからイオンになった店舗は、利益改善をしている結果が出ているようです。

イオンの第一四半期が利益改善した本当の理由|旧ダイエーが改善傾向

この記事の更新履歴は、こちらです。

2017年 7月 6日発信

関連記事

  1. 春のファッションを揃えたい!キッズファッションランキング

  2. ラゾーナ川崎で選ぶ父の日ギフト|お父さんが喜ぶプレゼント35選

  3. 幼児から小学生の子どもが喜ぶイベント特集|大人気キャラクターショー

  4. 絶対王者”マツキヨ”が3位に転落したワケ

  5. ZARAが世界一の理由は、ファッション業界の課題を解決した結果

  6. アパレル不振を脱却する方法は、お客さま視点でモノづくりをすること

  7. 「お、ねだん以上。ニトリ」の凄さがこれでわかる

  8. GUが超大型店の出店にシフトした本当の理由

  9. ZOZOTOWNの真似をしたユニクロとGUの販売戦略

  1. TSUTAYA 蔦屋書店|超大型店・大型店・小型店|全国店舗一覧

  2. ジュンク堂書店|超大型店・大型店・小型店|全国店舗一覧

  3. 丸善 MARUZEN|超大型店・大型店・小型店|全国店舗一覧

  4. 紀伊國屋書店 KINOKUNIYA|超大型店・大型店・小型店|全国店舗一覧

  5. スーパースポーツゼビオ|超大型店・大型店・小型店|全国店舗一覧

  6. AUTOBACS オートバックス|超大型店・大型店・小型店|全国店舗一覧

  7. 東京インテリア|超大型店・大型店・小型店|全国店舗一覧

  8. 東急ハンズ|超大型店・大型店・小型店|全国店舗一覧

  9. Francfranc フランフラン|超大型店・大型店・小型店|全国店舗一覧

  10. ロフト LOFT|超大型店・大型店・小型店|全店舗一覧

  1. 全国の商業施設のお得なセール・バーゲン情報

  2. 全国の超大型・大型ショッピングモール|人気おすすめランキング

  3. 全国のアウトレットモールのすべて|人気・おすすめランキング

  4. 関西の超大型・大型ショッピングモール(100件)|人気・おすす…

  5. 関東の超大型・大型ショッピングモール一覧|人気・おすすめランキ…

  6. 全国の超大型・大型ショッピングモール|人気・おすすめランキング…

目的からさがす