H&M − エイチ・アンド・エム銀座店が2018年7月閉店

 2008年に開店した「H&M(エイチ・アンド・エム)」の1号店が2018年7月中旬に閉店することが発表されました。


 H&Mが日本初進出したのは、今から10年前の2008年9月。ファストファッションという言葉もこの頃からよく耳にするようになったのではないでしょうか。当時、H&Mが日本に初進出するということで、およそ5000人もの行列がテレビでも取り上げられていたのは記憶にある方も多いのではないでしょうか。


 H&Mは、銀座の一等地で1号店をなぜ閉店することにしたのでしょうか?


ファストファッション・ブームのH&M銀座店を閉店する理由

 H&Mジャパン社長が経営判断をした背景は、こちら。

  1.10年前は好立地でスタート。

  2.時代が変わり、状況も変化。

  3.10年間の契約満了。


 結果、H&M 銀座店は閉店が決定。



 H&Mは、日本初進出にあたり日本を代表する銀座という1等地でスタートをしました。しかし、時代が変わり状況も変化したことを認識。今後の展開も踏まえ、H&M 銀座店は、契約期間10年という節目に更新せず、閉店することに決めたのです。


他にもH&M 銀座店が閉店を決定した主な理由

 H&M 銀座店の経営判断は理由が明確でわかりやすい。


 ・H&M 銀座店は、小型だった。

  地下1階から地上3階の4フロア(約1,000㎡)

 ・旗艦店でなかったこと

 ・ギンザシックス開業の影響

 ・日本で一番家賃が高い立地

 ・リーマン・ショック前の契約


 H&Mといえば、ショッピングモールで大型区画を手に入れることが店舗。さらに銀座という立地と比べれば、家賃は相当下がることは間違いないでしょう。大型のショッピングモールに足を運べば、必ずH&Mの店舗にはお客さんがいます。


 ショッピングモールを運営する側からすると、集客をしてくれる店舗としてのポジションを確立していることも想像がつきます。


 つまり、H&M 銀座店を閉店することで2店舗から3店舗分の出店も可能であると言えるのではないでしょうか。


H&M が未来に向けた取り組みと戦略

 2018で日本進出10週年となるH&M。次の10年は、3店を掲げています。


 ・新しい店舗ポートフォリオの構築

 ・出店の加速と多様化

 ・オムニチャネル化の推進


 H&Mの日本での店舗数は、80店舗弱。売上高はおよそ630億円と規模は大きくなりつつあります。しかし、既存店がマイナスというのが気になるところ。


 H&Mの次の手は、リアル店舗とオンラインストアを統合し、オムニチャネル型にシフトすることです。

H&Mは、店舗フォーマットを拡大し、出店を加速する

 H&Mの店舗フォーマットは、都心路面店型とショッピングモール型が主に占めていました。そこで今後は、エキナカ・駅ビル・ファッションビル・百貨店など向けに新しいフォーマットとして広げていくようです。


 出店加速にあたり、都内店舗を増やし、さらに未出店の10県の出店、すでに出店している場所でも2号店への出店も進めていきます。



 今後は、大型店から小型店まで取扱商品を見直し、スモールコンセプト型の店舗フォーマットも増やすようです。


 出店数は、4~5年で50店舗を計画。2020年には、国内100店舗を超える見込みです。H&Mは、国内200店舗、現在の3倍の売上高(約1800億~1900億円)を目標です。

 なお、閉店するH&M 銀座店は、重要な商業エリアであることから、「フルライン型のデジタルストア」にする模様です。

日本1号店のH&M 銀座店が10年で幕引き 更新履歴

2018年7月6日発信


【スポンサーリンク】