アメリカのトイザらスが最後の200店舗を全店閉鎖

 アメリカのおもちゃ販売大手「トイザらス」が2017年に経営破綻。アメリカに残っていた200店舗を2018年6月29日に全店閉鎖することが発表されました。

 1957年、アメリカで創業した「トイザらス」は、大型量販店・ネット通販(アマゾンなど)との競争激化や負債の利息負担で経営が悪化。


 2017年9月に米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請。


 再建を目指したもののクリスマス商戦が失敗に終わり、2018年3月にアメリカの735店を全て閉鎖すると発表していました。カナダなど一部の国の事業は継続する模様です。

 アメリカのあるトイザらスの店長によると、すでに店頭に商品はほとんど残っていないと話す。現在は、閉鎖店舗から転任したスタッフも含め、約40人弱で店舗運営を続けているそうです。


 この店長は、店舗閉鎖の準備に追われ、次の職は見つかっていない模様です。

日本トイザらスは、今後も営業を継続予定。

 日本法人の「日本トイザらス」は、今後も営業を続ける予定とのこと。


 日本トイザらスは2000年にJASDAQに上場。しかしその後2010年になると、「トイザらス」アメリカ本社が日本事業テコ入れのために完全子会社化を決定。TOB(公開買い付け)をかけて2010年に上場廃止となりました。

 現在、日本トイザらスの株は米本社が85%を出資する香港の法人によって間接的に保有されている模様です。2018年4月にアメリカ本社が日本法人の売却予定を発表をしており、今後「トイザらス」の株を引き受ける買い手が見つかった場合、日本における「トイザらス」のブランド名がなくなる可能性もある模様です。

アメリカのトイザらスが全店閉鎖 更新履歴

2018年6月27日発信


【スポンサーリンク】