アメリカのトイザらス復活できず。全店舗閉鎖で735店が0店へ。

アメリカのトイザらスが全200店舗を閉鎖

アメリカのおもちゃ販売大手「トイザらス」。

2017年に経営破綻しています。

 

そして、残り200店舗。

2018年6月29日に全店閉鎖が発表されました。

 

1957年、アメリカで創業した「トイザらス」。

ネット通販(アマゾンなど)や大型量販店との競争激化で負債が増加。

 

その結果、利息負担で経営が悪化しました。

 

2017年9月、米連邦破産法11条の適用を申請。

(日本の民事再生法に相当します)

 

トイザらスは、再建を目指すもクリスマス商戦は失敗。

2018年3月、全735店を閉鎖すると発表しました。

 

カナダなど一部の国の事業は継続する模様です。

日本トイザらスは、営業継続

日本法人の「日本トイザらス」。

日本のトイザらスは、営業を継続予定です。

 

日本トイザらスは、2000年にジャスダック上場。

2010年にトイザらス本社(アメリカ)が日本事業テコ入れのために完全子会社化。

TOB(公開買付け)をかけて2010年に上場廃止。

 

日本トイザらスの株は、アメリカ本社が85%を出資する香港の法人によって間接的に保有されているようです。

 

2018年4月、アメリカ本社は日本法人の売却予定を発表。

今後の「トイザらス」の株を引き受ける買い手が見つかった場合、「トイザらス」ブランドがなくなる可能性もあるようです。

関連記事

  1. みんな大好き「ブラックサンダー」と奇跡のコラボ! 「マックフルーリー ブラックサンダー」が16日より発売(GetNavi)

  2. ヤマダ電機、非家電の分野「不動産事業」へも進出(ZUU online)

  3. 【ユニクロ】、アメリカ国内の空港やSCで自販機展開!も失敗します、なぜなら...?(BLOGOS)

  4. セブン&アイの働き方改革が始動!始業時間を選択する制度を導入

  5. 1ヶ月1億円以上売っている大型店|稼いでいるショップはこれだ

  6. 三井不動産のECサイト「&モール」は1000億円を突破できるか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA