イオン子会社の「スポーツオーソリティ」債務超過

 イオン子会社のスポーツ用品店「スポーツオーソリティ」が債務超過と発表されました。アメリカの「スポーツオーソリティ」は、2年前にすでに運営会社が破綻していました。


 イオン子会社のメガスポーツは、スポーツ用品店「スポーツオーソリティ」を日本で展開しています。


 そのメガスポーツは、2018年2月期決算で債務超過と発表しました。


 2018年2月決算は、売上高が730億5千万円。

 新規出店で微増という着地。


 しかし、損益は総利益率(粗利率)が低下。


 さらに、販売管理費増で営業利益が20億9千万円の赤字。


 また、特別損失で店舗閉鎖など効率改善を目的とした減損損失11億5千万円を計上し、当期純損益は43億7千万円の大赤字。


 上記の結果、2018年2月末で18億6千万円の債務超過となりました。


「スポーツオーソリティ」は、全米最大級のスポーツ用品店だった。

 アメリカの「スポーツオーソリティ」は、全米最大級のスポーツ用品店チェーンとして有名で、日本ではイオン傘下のメガスポーツが運営しています。


 商品の品揃えは、野球・サッカーなどの競技用品からフィットネスウェアやアウトドア用品も幅広く取扱っている。


 「スポーツオーソリティ」を運営するメガスポーツによると、「減損したことで利益率が改善済みらしい。今後は、既存店の売上を伸ばす戦略」とのことです。



 アメリカの「スポーツオーソリティ」は、2016年3月にスポーツ・オーソリティ社(アメリカ本社)が連邦破産法第11章(日本の民事再生法に相当)を申請。


 メガスポーツは、イオンが80%、スポーツ・オーソリティ社が19%の株主構成でした。しかし、アメリカの「スポーツオーソリティ」の連邦破産法申請により、スポーツ・オーソリティ社の持ち分をメガスポーツがすべて取得し、現在はイオン100%の子会社です。

 メガスポーツ親会社のイオンは、「親会社として業績改善に向け、しっかり指導・管理していく」とコメントしているようです。


イオン傘下、「スポーツオーソリティ」が18億超の債務超過 更新履歴

2018年6月12日発信


【スポンサーリンク】