デパート・百貨店に出店しても店舗が稼げなくなった理由

デパートの出店料・契約期間を知らずに契約は禁物!

dpt.jpg

photo by 伊勢丹

 デパートへの出店を希望する店舗や会社は、どのようにデパートに出店しているのでしょうか?

 どのくらいの出店料・契約期間で契約を締結しているのでしょうか?

 事前に知っていなければ、

 会社への業績に大きなダメージを与える結果となりかねません。

 デパートと店舗の契約は、古くからの慣習で店舗が稼げる契約形態ではありません。デパートというブランドを使って、出店者へ出店料以外にも多くの費用が発生しているのです。

 つまり、

 店舗でデパートは稼げません。

 なぜ、デパートでは稼ぐことが出来ないのか?それは、デパートという歴史と文化、そして出店料・契約期間について詳しくお話しします。

デパートというブランドで判断をしてはいけない理由 

SSG BLOG 171009-002.jpg

photo by 流通ニュース

 デパートというブランドで判断してはいませんか?

 デパートは、伊勢丹・阪急・丸井・三越・高島屋・大丸・松坂屋・東急など多くのブランドが乱立しています。

 その中でも売上がトップクラスなのが、

 三越伊勢丹ホールディングスで

 1兆2800億円です。

 (平成28年実績)

 では、伊勢丹や三越に出店すると、

 稼ぐことができるのでしょうか?

 答えは、NOです。

 なぜなら、ファッションが強いデパート・グルメが強いデパートなど、デパートの屋号や立地によって、来店する客層が全く違うからです。

 つまり、

 取り扱い商品によって

 出店するデパートの屋号を

 選ばなければならないのです。

 デパートというブランドで判断してはいけない理由は、まだあります。デパートという場所はどのようなところでしょうか。

 ・ブランド品を購入するところ

 ・美味しいグルメを楽しむ場所

 ・プレゼントを購入するところ

 などなど、デパートの利用方法はそれぞれ違います。

 デパートに出店したい、商品を取り扱ってほしいなど、デパートという名前に騙されてはいけないのです。

 デパートで商品が生きてくるのは、

 立地や客層が商品にマッチし、

 デパートと店舗の力が融合した結果、

 最大限の魅力を引き出せるのです。

 あなたの商品は、どうですか?

 立地・客層にマッチしていますか?

 しっかりと判断せずに出店すると良い結果を出すことは出来ません。しっかりと見極める力が必要なのです。デパートのバイヤーや担当者に騙されてはいけないのです。

 デパートに出店する前にしっかりと費用や契約期間について、判断ができるかどうかが成功の鍵を握っています。

 攻めと守りのノウハウは、お持ちですか?

 出店料・契約期間については、こちらでご紹介しています。

 

デパートに関連するおすすめ記事一覧

 デパートに関連する記事は、こちらでご覧いただけます。

 デパートの出店料・賃料

 デパートの出店料・賃料|店舗の負担金と営業費用

 デパートの出店料・開業資金

 デパートの出店料・開業資金|各種負担金と工事費用

 デパートの出店料・契約期間

 デパートの出店料・契約期間|三越伊勢丹ホールディングス

 三越伊勢丹HDの出店料

 三越伊勢丹ホールディングス|デパートの出店料・負担費用

デパートで店舗が稼げなくなった理由 更新履歴

この記事の更新履歴は、こちらです。

2017年11月 7日更新

2017年10月10日発信

関連記事

  1. 黒字店舗は危険信号!?損益計算書をチェックした方が良い理由

  2. 神戸に新しいショッピングモールが誕生|2018年秋にパルコが開業

  3. MONA新浦安/ピーコックストア跡地にイオン新業態誘致(流通ニュース)

  4. ショッピングモール・商業施設|定期建物賃貸借契約の基礎知識

  5. 阪急デパートがイオンから撤退した本当の理由とは?

  6. 正しいショッピングモールの選び方|価値ある施設のチェックポイント

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA