行列のできる和歌山の有名店 中華そば丸田屋

SSG BLOG 171004-001.jpg

photo by www.chukasoba.com


 丸田屋は、和歌山生まれ和歌山育ちの中華そばです。




 らーめん好きでもあまり知らなかった和歌山らーめん。和歌山らーめんと言えば、中華そばが有名です。味は、醤油らーめんですね。和歌山でらーめんと聞くと必ず出てくるのが「井出商店」という和歌山らーめんです。




 井出商店はお土産などでも売られている和歌山らーめんで関西では有名みたいです。




 井出商店というらーめんより、


 お取り寄せしても食べたいのが


 「丸田屋の中華そば」です。




 丸田屋がお取り寄せしても食べたくなるのは、こだわりに秘められています。




 丸田屋のこだわりとは、

 ・特製豚骨醤油スープ

 ・スープによくあう自家製麺

 ・三元豚バラ肉自家製叉焼




 この3点を見るだけで気になりますよね。




 1日限定30食の絶品らーめんをご紹介します。




行列のできる和歌山の有名店 中華そば丸田屋のこだわり

SSG BLOG 171004-002.jpg

photo by 美食磁石


 スープは、豚骨と鶏ガラを丁寧にした処理してるようで雑味を感じません。旨味・風味・コクが最大限引き出されたスープは本当に豚骨を使っているのかと思うくらい美味しいスープです。



SSG BLOG 171004-003.jpg

photo by 美食磁石


 麺は自家製の中細ストレート麺なのにスープによく絡みます。歯ごたえも抜群の自家製麺でよく研究されているなと感心します。



SSG BLOG 171004-004.jpg

photo by 美食磁石


 丸田屋で絶対に外せないのが人気の自家製チャーシューです。らーめんとの組み合わせがバランスが取れており、チャーシューは三元豚バラ肉を使用しているのです。丸田屋の秘伝の醤油ダレで味付けされるチャーシューは、一晩寝かせた上で薄くスライスしているので、口に入れるとトロっととろける一品です。




 お取り寄せするより、本物を食べたくなりますよね。



行列のできる和歌山の有名店 中華そば丸田屋のおしながき

SSG BLOG 171004-005.jpg

photo by http://www.chukasoba.com/sinagaki


 丸田屋のおしながきは、中華そばの一品です。たまごめし・しらすめしなどのごはんはありますが、中華そば一品で勝負をしている名店なのです。




 ちなみにお店で食べるときは、


 大盛中華そばがおすすめです。

 



 中華そばを注文すると、もう少し食べたいという気持ちが溢れてくるので、大盛中華そばがちょうど良い味わいです。少しこだわりたい人は、特製中華そばを選んでいる人が多いかも知れません。





 濃厚なのにあっさり。クセになる旨さ評判の和歌山らーめんを一度食べてみてはいかがですか?




 ちなみに楽天やアマゾンなどのネット通販では販売していません。




 丸田屋のオンラインサイトのみでしか買えない貴重な一品です。



 丸田屋のホームページは、こちらです。

 中華そば 丸田屋




 1日限定30食しかない


 売り切れ御免の一品。

 



 らーめん好きな人は1度試してみてください。豚骨と聞いて無理と思う人、豚骨らーめんのイメージが刷新されます。




 関東からわざわざ食べに行きたくなる味の丸田屋をご紹介しました。



スマートショップガイドがピックアップした記事

気になるニュースや記事をピックアップした記事は、こちらです。


 マクドナルドの社員が選んだ人気ハンバーガーと売れ筋の定番セット



 ミスタードーナツで社員が厳選!売れてる人気ドーナツのランキング



 全国のショッピングモール|セール・バーゲン情報 まとめ



全国のおすすめ大型ショッピングモール

mori.jpg

画像:Webサイトより


 大型のショッピングモールが多数ありますが、まずは日本全国のランキングで確認してみませんか?


 日本全国のショッピングモール|年商・人気おすすめランキング100




 よく読まれている関東・関西のおすすめショッピングモールは、こちらです。


 関東のショッピングモール一覧|人気・おすすめランキング



 関西のショッピングモール一覧|人気・おすすめランキング



 イオンの大型ショッピングモールのランキングは、こちらです。


 イオンの大型ショッピングモール|年商・人気おすすめランキング|SSG



1日限定30食!行列のできる和歌山らーめんの一品をお取り寄せ

この記事の更新履歴は、こちらです。

2017年10月 4日発信


スポンサーリンク