秋の衣替えを効率的に考える衣類の収納を解決する!

SSG BLOG 170926-002.jpg

photo by カインズホーム


 秋と言えば、衣替えですね。




 手を付けようにも付けられない。もう少し寒くなるまで待ってみようなどとタイミングを図るのも悩むのが衣替えです。




 なぜ、衣替えの悩みが多いのか?



 それは、


 家が片付かない最大の原因が衣類だと誰もが知っているからです。





 しかし、いずれはやらなければならないのが秋の衣替えです。冬は必ずやってきます。寒さが急に訪れたときに着る服が出ていない、どこにしまったか覚えていないという経験もあるのではないでしょうか?




 そこで考え方を変えるのです。






 衣替えをチャンスと捉えて、持っている衣類を全てチェックしてみる!自分の中で整理&収納に一工夫すれば、家も部屋も片付いて、あれっと!?思うくらいに衣類の出し入れもスムーズになるんです。




 つまり、家事の負担も減ります!




 前向きに前向きに考えて、嫌なことを楽しく、ゲームのように考えていくのです。気持ちや整理の仕方を変えるだけで全然変わります。




 それでは、多くの人が悩んでいる解決したい収納のお悩みとは、どんなものなのでしょうか?自分の悩みは多くの人の悩み?トップ3のお悩みを公開します。



衣替えに頭を抱えるお悩みトップ3は、これ!

SSG BLOG 170926-003.jpg

photo by 片付けたくなる部屋づくり


悩み1.収納スペースが少ない・小さい

 多くの人が頭を悩ませているのが、「収納スペースが少ない・小さい」ということなのです。自分もそうだ。引っ越したい。と思っている人もいるのではないでしょうか?特に多いのが賃貸物件に住む方々です。家族が増えて今までの収納ケースやスペースでは足りないと感じているのが多いのです。




解決1.収納スペースが少ない・小さい場合

 

 → 空間を区切る!



 収納スペースが少ない・小さいと悩みの方は、空間を区切ることに専念しましょう。これが家や部屋が片付く最も効率的な衣替えのコツです。空間を区切ると大きく言っても、2つに分けることができます。




①クローゼットを区切る

 クローゼットのような大きな収納場所は、意外とデッドスペースが発生しています。隙間が空いているから押し込めている。そこには置けないと諦めていませんか?クローゼットの空間を区切るには、上下前後に空間を分けることです。ポールを上下・前後に付けると、収納力が格段にアップします。




②引き出しを区切る

 クローゼットや収納ケースに仕切りを入れていますか?引き出しを区切ることで収納力がアップするのです。ちなみに仕切りは、ブックスタンドようなものを利用するより、自立が可能な箱型の仕切りを使うのがおすすめです。1度買えば、効率的な衣替えが可能になります。




 衣替えをスタートする前に欲しいアイテムがこれです。衣類にも使えるし、雑貨でも使えるパーフェクトアイテムと言えます。(画像クリックで購入ができます。)







悩み2.衣類の出し入れが困難

 収納しているタンスの引き出しが思い、クローゼットの手前しか活用できていないなど、収納環境の自体に問題があることも多いのです。




解決2.衣類の出し入れが困難な場合

 

 → 使いやすい収納へ変える!



 そもそもの収納自体に問題はありませんか?数年前に買った収納ケース、前の家に住んでいた時に使っていたもの、別の部屋で使っていたものを無理やり使っているなど、心当たりはありませんか?収納を劇的に変えるなら、環境を変えることが効率的な方法です。




①衣装ケースを有効活用する

 引き出しが重いタンスは、片手で楽に引き出せる衣装ケースに変えるのがおすすめです。ちなみに奥行きが長いものと短いもののどちらを選ぶのか?ほとんどの方が長いものを選びませんか?効率的な衣替えで必要なのは、奥行きが短いものがおすすめです。




②クローゼットの全体を見直す

 クローゼットは、出し入れしやすい正面に入れておくものと入れておかないものを分けて考えていきましょう。手が届きにくい場所のようなデッドスペースには、オフシーズンの衣類をセットしておくことが次のシーズンの衣替えで効率的に動かすコツです。




 収納ケースで奥行きが短めの商品を探している方におすすめなのがこちらの収納ケースです。(画像クリックで購入できます。)




 収納ケースで奥行きが長めの商品を探している方におすすめなのがこちらの収納ケースです。(画像クリックで購入できます。)







悩み3.家族が衣類を片付けない

 洗濯物が乾き、畳んでいるのに服を持っていかない、部屋に持って行っても出しっぱなしにしている。そんな経験ありませんか?反抗期の子どもは、すぐに動こうともしませんよね。なぜ、衣類を片付けないのか?それは、収納場所に行くのがめんどくさいから。たったこれだけです。そこを変えるのです。




解決3.家族が衣類を片付けない場合

 

 → 家族の行動する場所に配置する!



 誰が衣類を片付けるのか?そんな議論をしていてもなかなか前には進みません。家族の行動を考えて配置を変えればいいのです。全く難しい問題ではありません。生活する場所、そこに無ければならない場所に衣類を置けるようにすればよいのです。




①下着やパジャマは洗面所へ

 下着やパジャマを着替えるのは、お風呂上りですよね。だから、お風呂あがってすぐ使うものが手に届く場所にあれば、効率が良いのです。さらに畳み終わった衣類もお風呂に入るときに持って行かなければならないので、効率的に衣類の収納が可能になるマジックとでも言えるのではないでしょうか。




②ランドリーボックスを設置する

 秋や冬などに多くなるのが、脱いだけどまた着るという衣類。カーディガンやパーカーなどは、羽織るだけなら2度・3度着る人も多いのではないでしょうか?「また着るから置いておいて」という声を言った人、聞いた人も多くありませんか?そんなときは、ランドリーボックスを設置すると劇的に収納が変わります。リビングに置いてみると、散らかっていた衣類があっという間に片付いてしまうのです。




 ランドリーボックスと聞くと、汚い衣類と混ざってしまうと思いませんか?この商品は、分別できるランドリーボックスなので、「また着るもの」「洗うもの」と分けることができる優れものです。(画像クリックで購入できます。)




家や部屋が片付く効率的な衣替えのコツ まとめ

SSG BLOG 170926-004.jpg

photo by ウッドワン


 毎年必ずやってくるのが、衣替え。




 めんどくさい、やりたくない、と思っている人が1番最初にやることはとても簡単です。




 必要以上に服を持たないこと!




 たったこれだけです。




 大体の目安として、1人が管理できる衣類の枚数は、すべて合わせて100枚です。つまり、春・夏・秋・冬の4シーズンを含めて100枚なのです。つまり、100枚以上の服を持っている人は、多すぎると判断するべきです。




 では、衣類が多い人はどうするか?




 1枚買ったら、1枚捨てる。




 というルールを決めをするだけで問題ありません。セールやバーゲンで服を買ったら、捨てるというルールも大事ですが、買い替えたい服、もう要らない服をチョイスしてから、買い物に行くものルールとしては必要です。




 この服が要らないから、「良いものがあれば買う」と意識的に考えておけば、欲しい服も決めてショッピングに行っているので、無駄な服を買うことはありません。さらに帰宅してすぐに新しい服と入れ替えることが可能なのです。






 家や部屋が片付く効率的な衣替えのコツとは、


 収納スペースを有効活用し、


 使いやすい環境を整え、


 行動範囲に配置する!




 たったこれだけでなのです。



 収納のお悩みを解決できれば幸いです。



スマートショップガイドがピックアップした記事

気になるニュースや記事をピックアップした記事は、こちらです。


 トイザらスとアマゾンどちらが安い?価格調査でわかった衝撃の事実



 ショッピングモールで売れなかったテナントの末路は凄かった



 イケアが値下げを発表!家具や雑貨など全886品が対象



全国のおすすめ大型ショッピングモール

mori.jpg

画像:Webサイトより


 大型のショッピングモールが多数ありますが、まずは日本全国のランキングで確認してみませんか?


 日本全国のショッピングモール|年商・人気おすすめランキング100




 よく読まれている関東・関西のおすすめショッピングモールは、こちらです。


 関東のショッピングモール一覧|人気・おすすめランキング



 関西のショッピングモール一覧|人気・おすすめランキング



 イオンの大型ショッピングモールのランキングは、こちらです。


 イオンの大型ショッピングモール|年商・人気おすすめランキング|SSG



家や部屋が片付く効率的な衣替えのコツ

この記事の更新履歴は、こちらです。

2017年 9月26日発信


スポンサーリンク