ミスタードーナツのフランチャイズはおすすめしない

SSG BLOG 170912-001.jpg

(photo by LaLaテラス南千住)


 ミスタードーナツといえば、誰もが知っているドーナツですね。




 でも、最近はミスタードーナツでドーナツが食べたいという欲求がありません。なぜなら、コンビニでドーナツが買える時代だから。






 最近、セブンイレブンのドーナツの方が美味しい気がします。わざわざミスタードーナツまで行かなくても、セブンイレブンに行けば似たような商品を買うことが出来ます。




 セブンイレブンのドーナツは、


 手軽さ・価格が魅力的なのです。




 だから、ミスタードーナツのフランチャイズは、おすすめしない。




 ミスタードーナツというプレミアム感がもう無いのです。昔は「ドーナツ100円セール」というCMを見れば、足を運ぶ人も多かったはずです。ミスタードーナツが100円で食べれる!!という楽しみやワクワク感がもう無いのです。






 では、ミスタードーナツはセブンイレブンがドーナツに進出してからどうなっているのか?ご存じでしょうか?



ミスタードーナツの店舗数は2013年から右肩下がり

SSG BLOG 170912-002.jpg

(photo by 株式会社ルビフ)


 ミスタードーナツのお店が無くなった。




 そんな声を耳にすることが多くなった気がします。実際、ミスタードーナツのお店はどんどん閉店に追い込まれているのです。ミスタードーナツを運営するダスキンのホームページを見てみると驚愕の結果でした。




ミスタードーナツの店舗数推移

・2013年 1348店

・2014年 1335店

・2015年 1289店

・2016年 1160店


と上記のように2013年以降、ミスタードーナツの店舗は閉店し続けているのです。




その理由は、


2014年11月にセブンイレブンのドーナツがスタートしたから。




 セブンイレブンのドーナツが販売してから2年でミスタードーナツの200店舗が閉店した計算です。1企業が200店舗も閉店すると損失も大きくなります。






 セブンイレブンのドーナツは、ミスタードーナツに致命的な大ダメージを与えているのは間違いないでしょう。




 では、ミスタードーナツのフランチャイズオーナーが借金しか残らない理由とはなんでしょうか?



ミスタードーナツは稼げないお店になってしまった

SSG BLOG 170912-003.jpg

(photo by ガジェット通信)


 ミスタードーナツが稼げないお店になったのは、いつ頃なのでしょうか?




 それは、「100円セール」を連発していた頃からでしょう。






 消費者の頭の中には、ミスタードーナツでドーナツを購入するときは、100円じゃないと買わない。というイメージがついてしまったのだと思います。普段、ミスタードーナツを買おうとすると、100円で買えたドーナツが150円くらいに。




 普段、2個しか買えないのが、


 セールで3個買える。





 100円じゃないと買わないですよね。




 ミスタードーナツは、100円セールを連発したことで稼げないお店になってしまったのです。






 さらに一時期、ミスタードーナツが100円セールを止めた時期があったように記憶しています。100円セールが無くなってミスタードーナツに行くことがなくなってしまったからです。しかし、数カ月してから100円セールが再スタートしたときは、2箱くらい買った記憶があるからです。




 やっとミスタードーナツが食べれる。

 



 ドーナツが食べられる嬉しさがあった気がします。そんなところに登場したのが

セブンイレブンのドーナツです。セブンイレブンのドーナツは、100円。ミスタードーナツに行くことはなくなりました。




 ミスタードーナツは、100円セールを連発したこと、セブンイレブンのドーナツが発売したことで稼げないお店になってしまったのです。



ミスタードーナツは1店舗でどのくらい売上があるか?

SSG BLOG 170912-004.jpg

(photo by 株式会社ルビフ)


 ミスタードーナツは、1店舗でどのくらい売上があるのでしょうか?どのくらい儲かるのでしょうか?フランチャイズオーナーは、本当に稼ぐことが出来ているのでしょうか?




 ミスタードーナツを検証します。


 今回、数店舗のミスタードーナツに訪れてみました。




 もちろんお店で長居はできないので、お客さんの購入単価や個数などをざっくり計算すると、このような結果が出てきました。





 ミスタードーナツの1店舗当たり


 年商は8千万から1億程度と想定。




 お客さんが購入する商品と価格を見続けていると、売れ筋は決まっていました。と言っても、消費者目線でミスタードーナツに並べられているドーナツの個数を見れば、一目瞭然。






 お店の売れ筋を公開しているんです。






 お客の立場としては、悩まずに買いやすい。調査する側もとってもわかりやすい。と言えます。



ミスタードーナツの1店舗当たりの利益はいくら?

SSG BLOG 170912-005.jpg

(photo by 株式会社ルビフ)


 ミスタードーナツの1店舗当たりの利益は、出店場所や区画によって家賃や人件費が異なるので正直わかりません。しかし、計算すればある程度の利益が見えてきそうなので検証してみます。




ミスタードーナツ1店舗

 1.年商8000万

 2.原価4000万


 営業総利益4000万


 3.人件費2600万

 4.家賃 1200万

 5.水光費 600万

 6.その他 200万



 営業利益▲600万赤字




 人件費計算式

  1.社員1名で400万

    2名×400万=800万


  2.パート5名10時間

   時給1000円

    1日5万×30日=150万

    150万×12ヶ月=1800万



  人件費合計、800万+1800万




 家賃計算式

  100万×12ヶ月=1200万




 水道光熱費

  50万×12ヶ月=600万






 ミスタードーナツの1店舗が稼ぐことができる利益は、無い。という計算結果が出てきました。






 結局、ミスタードーナツのロイヤリティー部分が不明ですが、多く見積もって50%と想定しておきました。フランチャイズ契約は、業種業界によって様々な契約があるため、ミスタードーナツ本部と加盟店で何パーセントで結んでいるかわかりません。




 そのため、50%で見積もれば確実です。






 1店舗の利益を計算してみてわかったとおり、



 社員2名・月額家賃100万を払うお店は、100%赤字と言えるでしょう。そのため、フランチャイズオーナーは社員1名(店長のみ?)で運営し、残りはパートやアルバイトで運営するしかない。






 ミスタードーナツの店舗で利益を出すには、年商1億以上を販売できる店舗で無ければ、店舗継続するのは難しい。




 という判断のオーナーが多かったのではないでしょうか。






 ミスタードーナツの店舗が3年間で200店舗も閉店したのは、フランチャイズ契約の仕組みに問題がありそうです。





 ミスタードーナツの契約形態はわかりませんが、おそらく直接契約が多いのではないかと想定できます。つまり、ミスタードーナツを出店するためには、ミスタードーナツ本部にロイヤリティーを払いながら、借金を返していくというオーナーが多いのではないかと想定できます。




 お金に余裕があってミスタードーナツを始めたオーナーも今は火の車になっているのではないでしょうか。






 ミスタードーナツの店舗数がどこまで減り続けていくのか?



 ドーナツの立て直しに新商品が生まれてくるのか?



 ダスキンの動向に注目が集まります。




 スマートショップガイドは、年間1万店舗以上のテナントを視察し、リアルな現場の数字を捉えてることができます。




 会社経営やショップ経営などでお困りの方、「売上を短期間で上げたい」「人材マネジメントを強化したい」「出店や退店の基準を明確にしたい」などなど、10万件を超える店舗のデータベースを元に経営の軸から、最適な方法を提案します。




 お気軽にお問い合わせください。


 こちらをクリック。



スマートショップガイドがピックアップした記事

気になるニュースや記事をピックアップした記事は、こちらです。


 経営できない無能力の経営者が会社を倒産させたコーヒーショップ



 ショッピングモールで売れなかったテナントの末路は凄かった



 こんな会社は3年後に倒産する!出店スピードですぐわかる危ない会社



全国のおすすめ大型ショッピングモール

mori.jpg

画像:Webサイトより


 大型のショッピングモールが多数ありますが、まずは日本全国のランキングで確認してみませんか?


 日本全国のショッピングモール|年商・人気おすすめランキング100




 よく読まれている関東・関西のおすすめショッピングモールは、こちらです。


 関東のショッピングモール一覧|人気・おすすめランキング



 関西のショッピングモール一覧|人気・おすすめランキング



 イオンの大型ショッピングモールのランキングは、こちらです。


 イオンの大型ショッピングモール|年商・人気おすすめランキング|SSG



ミスタードーナツのフランチャイズオーナーが借金しか残らない理由

この記事の更新履歴は、こちらです。

2017年 9月13日発信


スポンサーリンク