社長という肩書で経営をしていない会社が多い

SSG BLOG 170910-001.jpg

(photo by Naverまとめ)


 世の中には売れているお店・売れていないお店のどちらかしかありません。




 売れているお店は成長を続けて会社の規模を拡大していきますが、売れていないお店の末路はあまり知られていません。



 ・あのお店無くなったね。

 ・人気なかったもんね

 ・お客さんがお店にいなかった




 肩書だけの経営者は


 ・忙しいとボヤく

 ・仕事は部下に任せっきり

 ・数字で判断できない


 このような共通点があります。






 商店街でお店を経営している人、自宅をお店として経営している個人の経営者であれば、これでよいでしょう。しかし、今回ピックアップするのは大型ショッピングモールに出店していたコーヒーショップです。




 売れないお店を経営し続けた経営者の末路について、お話しします。




 イオンが売れないお店を経営していたときにオーナーから出された条件をこちらで紹介します。


 イオン甲子園店が閉店した本当の理由は、三菱地所の賃料増額が原因?



コーヒー豆を輸入した会社がショップ経営をした結果

SSG BLOG 170910-002.jpg

(photo by コラム)


 このB社は、日本にまだ輸入されていないコーヒー豆を海外から輸入するビジネスでスタートしています。




 この輸入するコーヒー豆の事業は、


 海外の会社と独占契約を結ぶことができ、 


 順調に売上を伸ばしていくことができました。






 そこで、社長が考えたのが



 自社のコーヒーショップをショッピングモールで展開すること。



 独占契約を結んだコーヒー豆を自社のコーヒーショップで販売することができれば、利益を生むのは間違いありません。




 経営の判断としては、正しい決断です。




 しかし、問題なのはどこに出店するか?ターゲットの設定をどうするのか?すでにスターバックスコーヒーのような有名ショップとの差別化をどうするのか?






 経営者の判断はここが甘かった。




 無能力の経営者が考えるのは、人が多く集まるところにお店を出せば、売れるという勘違いです。




 周りにそんな経営者はいませんか?



 運よく成功する場合もありますが、長続きはしません。というか、長続きしている会社やお店を見たことがありません。






 コーヒー豆を輸入した会社が


 コーヒーショップを経営したところ、



 6年後に全ての店舗が閉店。そして、会社の存在を隠し、経営者は逃げました。





 このような会社や経営者が身近にあったら、注意してあげるべきです。




 では、実際にこのコーヒーショップは、どのくらい売り上げがあったのでしょうか?どうして6年後にすべてのお店が潰れてしまったのでしょうか?




 経営者の視点で見ると、



 よくわかります。



コーヒーショップの売上と家賃のバランスが悪かった

SSG BLOG 170910-003.jpg

(photo by Pixabay)


 無能力の経営者の共通点は、とても騙されやすい。ということではないでしょうか。良い意味では、良い人。このキーワードで全てを包み込めます。




 具体的に数字で見ていきます。



 コーヒーショップの経営

 ・A店 年商5400万

 ・B店 年商3200万

 ・C店 年商5900万

 ・D店 年商8200万

 ・E店 すでに閉店

 ・F店 すでに閉店



 この6店舗すべてが大型ショッピングモールに出店していました。




 しかも出店当時は、日本発ということもあってショッピングモールとしては超優良区画を提供してもらっていたようです。




 2016年にはすべて閉店していますが。






 ここで重要なのは、家賃がいくらか?




 商業施設の賃料は、業種・業界によってバラバラです。ショッピングモールが欲しい店舗や業種は賃料が低くなります。




 マンションやアパートの家賃が公開されているのにショッピングモールの家賃が公開されていないのは、このためです。






 では、コーヒーショップの賃料はいくらだったのか?




 意外なことに坪家賃で2万程度。




 優良区画で営業している店舗としては、格安です。それなのに倒産した背景はコーヒーショップ以外の事業に失敗していたからです。






 本業以外の新しいビジネスを立ち上げるときは、



 会社の財務力以上のことをしてはいけません。






 この会社は、レストラン事業に乗り出し、都市部の超一等地に出店し、これが大失敗をしていたのです。




 ショップで働く人なら、すべての人に当てはまることをこちらで紹介しています。


 お店の危険な兆候を見抜く!閉店・撤退・倒産になる会社の共通点




 ショップの経営は、


 売上と家賃のバランスが取れているか?




 会社経営は、無能力ではできません。






 経営者は、会社を倒産しないように戦略を考え、数字を把握し、手を打っていく判断ができる人が必要なのです。




 社長という肩書に騙されないように


 しっかりと会社の方向性を把握しながら、



 働いていくことをおすすめします。





 パルコのような大企業が閉店をジャッジするのは、容易ではありません。閉店を決断した理由は、こちらです。


 大津パルコが閉店を決断した理由




 スマートショップガイドは、年間1万店舗以上のテナントを視察しているため、リアルな現場の数字を捉えてることができます。




 会社経営やショップ経営などでお困りの方、「売上を短期間で上げたい」「人材マネジメントを強化したい」「出店や退店の基準を明確にしたい」などなど、10万件を超える店舗のデータベースを元に経営の軸から、最適な方法を提案します。




 お気軽にお問い合わせください。


 こちらをクリック。



スマートショップガイドがピックアップした記事

気になるニュースや記事をピックアップした記事は、こちらです。


 日本のショッピングモールが崩壊し始めた衝撃の事実



 ショッピングモールで売れなかったテナントの末路は凄かった



 お店の危険な兆候を見抜く!閉店・撤退・倒産になる会社の共通点



全国のおすすめ大型ショッピングモール

mori.jpg

画像:Webサイトより


 大型のショッピングモールが多数ありますが、まずは日本全国のランキングで確認してみませんか?


 日本全国のショッピングモール|年商・人気おすすめランキング100




 よく読まれている関東・関西のおすすめショッピングモールは、こちらです。


 関東のショッピングモール一覧|人気・おすすめランキング



 関西のショッピングモール一覧|人気・おすすめランキング



 イオンの大型ショッピングモールのランキングは、こちらです。


 イオンの大型ショッピングモール|年商・人気おすすめランキング|SSG



経営できない無能力の経営者が会社を倒産させたコーヒーショップ

この記事の更新履歴は、こちらです。

2017年 9月11日発信


スポンサーリンク