東芝ビルなど4.7ha/商業施設を含む大規模複合施設に再開発(流通ニュース)

SSG NewsPicks 170817-003.jpg

(画像:Webサイトより)


 野村不動産、NREG東芝不動産、JR東日本は8月15日、東京都港区芝浦で、共同で推進している「(仮称)芝浦一丁目計画」の整備方針を発表した。

 計画はNREG東芝不動産が保有する「浜松町ビルディング(東芝ビルディング)」と、JR東日本が保有するカートレイン乗降場跡地を一体とした4haを超える土地を再開発する。

 2020年から着工し、約10年の期間をかけてオフィス・ホテル・住宅・商業施設などからなる大規模複合施設の整備を段階的に行う。

 区域面積約4.7haに、高さ約235mのツインタワーを建設、延床面積は約55万m2の大規模複合開発となる。


 S棟は地上46階地下5階、N棟地上47階地下5階で、高さはともに約235m。S棟は2020年度に着工、2023年度に竣工、N棟は2026年度に着工、2029年度に竣工する計画だ。


SSG:東京都心の再開発は、郊外の衰退を招く。しかし、時代の変化に対応することは絶対に必須である。



記事を読む

(↑クリック↑)




スマートショップガイドがピックアップした記事

気になるニュースや記事をピックアップした記事は、こちらです。


 GINZA SIXのキーパーソンが描く「豊かな消費」の未来図(Forbes JAPAN)



 渋谷スクランブルスクエア/2019年度、売場約3万m2の大規模商業施設を開業(流通ニュース)



 丸井はもはや「百貨店では無い」8期連続増益の理由(ZUU online)





スポンサーリンク