大盛況の「レゴランド マレーシア」 集客ふるわぬ日本との違いとは(ZUU online)

SSG NewsPicks 170813-003.jpg

(画像:Webサイトより)


 4月1日にオープンを迎えたばかりのレゴランドが窮地に立たされているらしい。筆者はマレーシアに住んでおり、レゴランドジャパンには行ったことがないが、デンマーク生まれのブロック玩具をテーマにしたテーマパークが日本で苦戦を強いられているのは想像に難くない。

一方、同じアジアでも2012にオープンしたレゴランド マレーシアは大盛況だ。2017年8月現在のトリップアドバイザーの「アジアトップ20アミューズメントパーク」によると、レゴランドマレーシアは10位に輝いている。なお、1位はユニバーサルスタジオ シンガポール、2位は香港ディズニーランド、3位は香港オーシャン・パークで4位にユニバーサルスタジオジャパン、5位に東京ディズニーランドが続いている。アジア全土で10位というのは素晴らしい結果だ。

マレーシア在住の筆者がレゴランドマレーシアの成功の秘訣を考える。

SSG:日本のレゴランドは、マーケティング戦略で立て直すしかない。



記事を読む

(↑クリック↑)




スマートショップガイドがピックアップした記事

気になるニュースや記事をピックアップした記事は、こちらです。


 レゴランドの今 周辺飲食店は「ジブリパーク来たら…」(NEWSポストセブン)



 10年後には、日本の「家電量販店」は消滅しているかもしれない(現代ビジネス)



 大洗リゾートアウトレット 「まいわい市場」が取得、再生へ(東京新聞)





スポンサーリンク