丸井はもはや「百貨店では無い」8期連続増益の理由(ZUU online)

SSG NewsPicks 170813-002.jpg

(画像:Webサイトより)


 丸井グループ <8252> の業績は好調だ。本業の利益を示す営業利益は10年3月期以降17年3月期までで8期連続増益となっている。競合する百貨店などの小売業がデフレで苦しんでいたのと同様に小売り事業は厳しいが、小売り事業のSC化、フィンテック事業を伸ばすことで増益を続けており、今期も9期連続営業増益を見込んでいる。

売上や利益ではいまだにバブル期を越えることは出来ないが、会社の内容は既存の小売業から完全に変革したといってもいいだろう。

17年3月期の丸井グループの営業利益のセグメント別の内訳をみると、小売り事業が107億円と前年比27%減、フィンテック事業は271億円と同17%増だった(内部消去があるため会社全体の営業利益とは一致しない)。

もともと丸井の創業ビジネスである小売り事業の営業利益構成比は22%まで低下、フィンテック事業が78%になっている。もはや丸井の収益を支えているのはフィンテック事業だ。

SSG:百貨店が時代の変化で成功したモデル。定期建物賃貸借契約がこれからはどんどん増えてくる。



記事を読む

(↑クリック↑)




スマートショップガイドがピックアップした記事

気になるニュースや記事をピックアップした記事は、こちらです。


 GINZA SIXのキーパーソンが描く「豊かな消費」の未来図(Forbes JAPAN)



 ルミネのセール開始が他より1カ月遅い事情(東洋経済ONLINE )



 ECが普及してもファッション領域で「実店舗」がカギを握る理由(Forbes Japan)





スポンサーリンク