コンビニ3社のフライドチキン、「熱戦」の構図(東洋経済ONLINE)

SSG NewsPicks 170812-002.jpg

(画像:Webサイトより)


 コンビニのレジ横に並ぶカウンター商品の中でも、年間を通じて大人気なのがフライドチキン。専門店よりも低価格ながら、店内調理で揚げたてを味わえるのが人気の秘訣だ。各社とも毎年のように商品を強化し、「チキン戦争」が繰り広げられている。

中でも最近好調なのがローソンの「Lチキ」だ。商品本部の橋本拓也氏は笑顔でこう語る。「Lチキはリニューアル後、想定以上に売り上げが伸びている。10~30代の若い世代を中心に支持されており、男性のみならず女性のお客様にも購入していただけている」。

Lチキは6月27日にリニューアルして以降、販売数が倍増した。現在、1店舗で1日平均30個を売り上げており、カウンター周りにある揚げ物商品の中では「からあげクン」(平均50個)に次ぐ販売数になっている。

SSG:コンビニのチキンは、ファミチキは一番おいしいと思う。



記事を読む

(↑クリック↑)




スマートショップガイドがピックアップした記事

気になるニュースや記事をピックアップした記事は、こちらです。


 ケンタッキーが初の鶏肉惣菜専門店 エスパルにオープンへ 全て店内で手作り(河北新報)



 辻利兵衛本店の濃厚抹茶アイスバー「宇治抹茶金時あいす」井村屋のつぶあんを合わせた本格派(FASHION PRESS)



 サッポロビールの新商品が話題|プライベートブランド向け第三のビール





スポンサーリンク