ITが変えるファッション販売 ネットとリアルの最前線(Fashionsnap.com)

SSG NewsPicks 170812-001.jpg

(画像:Webサイトより)


 ファッション通販サイト「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが、飛ぶ鳥を落とす勢いで拡大している。2018年3月期第1四半期決算は、商品取扱高が前年同期比40.9%増の595億円、売上高が同39.4%増の214億円、営業利益が同59.3%増の79億円、純利益が同54.5%増の55億円と絶好調。決算発表の翌日8月1日には、時価総額1兆円を突破した。これは大手百貨店を擁するJ.フロント リテイリング(8月7日時点:4285億円)や三越伊勢丹ホールディングス(8月7日時点の終値:4423億円)の2倍以上の水準だ。同社は今後の商品取扱規模の拡大を見込み、物流センター「ゾゾベース(ZOZOBASE)」を約2倍に拡張することを発表している。
 グローバル企業ではアマゾン(Amazon)がファッションカテゴリーを伸ばしており、日本でも存在感を強めている。ファッションECのスタンダード化はますます進みそうだ。

SSG:ファッションはリアル店舗で試着して、ネットで注文する。リアル店舗は、メイン店舗(キー店舗)だけ残し、採算が合わない店は閉めていくことになる。



記事を読む

(↑クリック↑)




スマートショップガイドがピックアップした記事

気になるニュースや記事をピックアップした記事は、こちらです。


 LINEショッピング、開始1ヶ月半で会員数が500万人を突破ファッション・雑貨から家電まで店舗数は1.5倍に拡大(JIJI.COM)



 4年で株価10倍!スタートトゥデイは何が凄いのか?(@niftyニュース)



 米消費者の約半数、「ファッションもアマゾンで」(Forbes Japan )





スポンサーリンク