“巨艦”地元と観光客両にらみ 「イオンモール松本」9月21日オープン(産経ニュース)

SSG NewsPicks 170809-002.jpg

(画像:Webサイトより)


 総合流通大手のイオン(千葉市)は、松本市中心部に建設中の「イオンモール松本」を、9月21日にグランドオープンする。インターネット通販の拡大や消費志向の多様化に伴い総合スーパーの苦境が続く中、アウトレットを除けば、県内最大規模となる「巨艦」ショッピングモールが、中信地域の商業地図をどう塗り替えるか注目される。 (太田浩信)

◆回遊拠点に期待
 イオンモール松本は、平成27年に施設の老朽化のため閉店した大型商業施設「松本カタクラモール」の跡地一帯を再開発して誕生する。片倉工業(東京)の所有地を中心とした敷地面積は約6万2500平方メートルあり、JR松本駅から東へ約1・5キロの中心市街地に位置する。

 店舗は、3階建ての「晴庭(ハレニワ)」と「風庭(カゼニワ)」のほか、2階建ての「空庭(ソラニワ)」の3棟からなり、店舗面積は約4万9000平方メートル。同社が佐久で展開するイオンモール佐久平(店舗面積約2万5000平方メートル)に比べると、約2倍の広さとなる。

 入居店舗は、世代ごとのニーズに対応する総合スーパー「イオンスタイル松本」を中核とし、スウェーデンのファッションブランド「H&M」や生活雑貨店「無印良品」など約170に及ぶ。商圏は、自動車で30分以内で来店できる約12万世帯(約30万人)を見込む。

SSG:イオンモールの新店は、最近元気がない気がする。イオンモール神戸南はどうなったのか?



記事を読む

(↑クリック↑)




スマートショップガイドがピックアップした記事

気になるニュースや記事をピックアップした記事は、こちらです。


 イオンスタイル新浦安MONA/売場の3割がイートイン、店で食べる惣菜を提案(流通ニュース)



 阪急デパートがイオンから撤退した本当の理由とは?



 イオンモール松本、9月21日開業へ 県内初「H&M」ほか、地元企業も多数出店(松本経済新聞)





スポンサーリンク