4年で株価10倍!スタートトゥデイは何が凄いのか?(@niftyニュース)

SSG NewsPicks 170808-003.jpg

(画像:Webサイトより)


■国内ファッションECのリーディングカンパニー

 日本株トップ50銘柄のランキングでもお馴染みのスタートトゥデイ(3092)ですが、株価は4年で10倍になり、日本を代表する成長株となっています。今回は同社の強みを探ってみたいと思います。

 スタートトゥデイ(3092)は日本最大級のファッションECサイト、ZOZOTOWNを運営している企業です。ZOZOTOWNには、954店のショップが出店しており、取扱ブランドは3928ブランドに及びます(2017年3月末現在)。このうち、ブランドから商品を預かり販売する受託販売を中核事業とし、商品販売代金や各ブランドからの手数料を収益源としています。トレンドファッションECの市場シェア50%を握ると推定され、アパレル市場に強い影響力を与える存在となっています。


■音楽業界でのデビューだけではなく株式市場にもデビュー!
 ところで、ZOZOTOWNという名前は「創造」と「想像」の“ZO”に由来しており、社名の「スタートトゥデイ」は、アメリカのハードコアバンド「GORILLA BISCUITS」の曲名「Start Today」から取っているそうです。

 同社の歴史は、1995年、輸入レコードやCDのカタログ通販に始まります。2000年には通信販売をオンラインショップに切り替え、これをもって現在の同社が設立されたわけですが、この間、創業社長の前澤社長は、Switch Styleというハードコアパンクバンドのドラム担当として、1998年メジャーデビューを果たしています。

 そして、2001年にはバンドは活動を停止するのですが、音楽活動をしながら持った「音楽とファッションはリンクしている。CDやレコードだけでなくファッションも紹介していきたい」という想いのもとで、ファッション販売を展開していくのでした。それまでのCDとレコードのオンラインショップに加え、ストリート系ブランドに出店依頼をし、同社初となるアパレル通販サイト「EPROZE」を開設。以来、出店店舗数を増やし続け、2004年に「ZOZOTOWN」をスタート。2007年には上場を果たし、2010年にYahoo!と業務提携。現在ではあらゆるアパレルが「ZOZOTOWN」を活用し、オムニチャネルやEC戦略を進めています。

 上場した2007年170億円に過ぎなかった商品取扱高は、ついに2000億円を超える規模となりました。10年で10倍超えの成長を遂げた事になります。利用者の増加と出店ショップの増加、商品取扱高の拡大によって安定的に、大きく利益成長しています。


■快走!新規ブランド出店、利用者数拡大で増収増益
 受託販売手数料を収益源としているため、利用増と共に利益が拡大していく仕組みとなっています。顧客アパレル事業者の出店、利用社数の増加によって配送コスト増も吸収し、業績拡大が続いています。

 2017年3月期の業績は売上が40.4%増の763億9300万円、商品取扱高が33.0%増の2120億円、営業利益が48.0%増の262億8400万円、純利益が42.1%増の170億3500万円となっており、期初計画に対して、商品取扱高が8.8%、売上高が10.7%、営業利益が18.7%、純利益が11.6%上回る結果となりました。

 CRMシステム刷新によるリアルタイムマーケティングやツケ払い(支払2ヶ月先でOK)導入による決済手段の拡充、ブランドクーポンといったプロモーションが実を結んでいる様子です。

 またファッション市場全体の活性化を狙ったコーディネートアプリ、WEARは、2017/3月末で約900万ダウンロードを記録しました。WEARでは、ショップスタッフによる自社製品のコーディネートが発信されており、アパレル事業者のEC戦略に貢献するツールとして活用されています。

 2018年3月期の通期業績予想は売上が30.9%増の1000億円、商品取扱高が27.3%増の2700億円、営業利益が21.7%増の320億円、純利益が30.3%増の222億円となっています。

 2018年は商品取扱高の拡大に対応するために、物流センターを拡張。2018年秋には物流センター「ZOZOBASE」を拡張し、広さは東京ドーム約5個分となると言います。

SSG:ZOZOTOWNの使いやすさは、ユーザー目線だからダントツと言える。



記事を読む

(↑クリック↑)




スマートショップガイドがピックアップした記事

気になるニュースや記事をピックアップした記事は、こちらです。


 3%すらない国産アパレル… 消え行くメイド・イン・ジャパンが生き残る道とは?(ホウドウキョク )



 米消費者の約半数、「ファッションもアマゾンで」(Forbes Japan )



 百貨店不振を招いたアパレルの「悪しき商習慣」に潰されない方法(MAG2NEWS)





スポンサーリンク