【ユニクロ】、アメリカ国内の空港やSCで自販機展開!も失敗します、なぜなら...?(BLOGOS)

SSG NewsPicks 170807-002.jpg

(画像:Webサイトより)


 ファストファッションのユニクロはアメリカ国内の空港やショッピングセンターに自動販売機「ユニクロ・ツー・ゴー(Uniqlo To Go)」を展開する。

タッチパネルで操作するユニクロ・ツー・ゴーは同社の主力製品である「ヒートテック・シャツ」と「ウルトラ・ダウンジャケット」を扱う。自販機販売では14.90ドルのヒートテックと69.90ドルのダウンジャケットのみに商品を絞ることで、それぞれのサイズとカラーバリエーションを豊富にする。決済はクレジットカードもしくはデビットカードとなる。決済後は、缶に入ったヒートテック(もしくは箱に入ったダウンジャケット)を、ケースが動いて受け取り口まで運ぶようになっている。

ユニクロ・ツー・ゴー1号機は8月2日、カリフォルニア州オークランド空港に設置された。8月10日にはロサンゼルス近郊にあるショッピングセンター「ハリウッド&ハイランド(Hollywood Highlnad)」、続いて17日にテキサス州のヒューストン空港、22日にはニューヨーク市クィーンズのエルムハーストのモール「クィーンズ・センター(Queens Center)」に設置予定となっている。ユニクロ・ツー・ゴーは2ヵ月間でさらに空港やモールなど6ヵ所に置かれる計画としている。

SSG:ファッションを自販機で売ることは、非常に厳しい。コストカット(家賃や人件費)という面での取り組みは評価するが、食べ物・飲み物以外は難易度が高いはず。



記事を読む

(↑クリック↑)




スマートショップガイドがピックアップした記事

気になるニュースや記事をピックアップした記事は、こちらです。


 渋谷エリア最高230mの新商業施設「渋谷スクランブルスクエア」2019年開業へ(女子旅press)



 コンビニは3強時代になり、ますます女性とシニア向けに特化していく(MAG2NEWS)



 3%すらない国産アパレル… 消え行くメイド・イン・ジャパンが生き残る道とは?(ホウドウキョク )





スポンサーリンク