ルミネのセール開始が他より1カ月遅い事情(東洋経済ONLINE )

SSG NewsPicks 170805-003.jpg

(画像:Webサイトより)


 2017年夏のセールの場合、多くの百貨店やショッピングセンターが6月末に足並みをそろえてスタートしました。その流れに乗らなかったのは、三越伊勢丹百貨店と、JR東日本グループが運営するファッションビルのルミネです。両社とも2012年からセールを7月中旬に後ろ倒し、ルミネは今年から一歩踏み、例年より約2週間遅い7月28日からのセール開始を発表しました。大多数の商業施設から1カ月遅れての参入になります。

この動きは、アパレル業界に蔓延する"いびつな構造"を是正するうえで、重要な一歩につながるかもしれません。

そもそも、セールは百貨店が“消化仕入れ”をしていた慣習から生まれたと言われています。消化仕入れとは、百貨店にテナントを借りている卸業者やメーカーが、商品を販売(消化)したと同時に、百貨店が商品を仕入れるという仕組み。商品を買い取って販売する“買取仕入れ”と比べて在庫を抱えずに済む一方、利益率は“消化仕入れ”のほうが低くなります。

利益を上げるためには、数で勝負するしかない百貨店は、テナントとして場所を借りているアパレル各社に店頭の在庫を増やすように要求。それによって多くの商品が余ってしまうという現象が起き、在庫をダブつかせないためにセールを行うようになりました。


SSG:ファッション業界が低迷している理由は、百貨店などの依存から脱却できないことが一番の理由なのかもしれない。



記事を読む

(↑クリック↑)




スマートショップガイドがピックアップした記事

気になるニュースや記事をピックアップした記事は、こちらです。


 阪急デパートがイオンから撤退した本当の理由とは?



 百貨店不振を招いたアパレルの「悪しき商習慣」に潰されない方法(MAG2NEWS)



 大洗アウトレット、業態を転換 近隣住民ターゲットに(朝日新聞)





スポンサーリンク