セブン-イレブン圧倒的肉厚「ロースとんかつ弁当」厚さ15mmで食べごたえ(ASCII)

SSG NewsPicks 170803-003.jpg

(画像:Webサイトより)


 セブン-イレブンは肉厚自慢の「ロースとんかつ弁当」を8月1日から発売しました。598円。販売エリアは茨城県、栃木県、群馬県を除く全国。

 従来のとんかつに比べて重量約1.2倍、厚さは約15mm。一枚一枚手作業で衣付けし、通常よりも低い温度で時間をかけて揚げることで、厚みがあっても柔らかに仕上げたとのことです。

 ソースは、畜肉系の旨味と香味野菜をベースに工場で煎りたてのごまの風味を閉じ込めたもの。とんかつとの相性が良さそう。


SSG:今日のお昼は、セブンイレブンのとんかつで決まり。このボリュームでこの値段なら、とんかつ店に行く必要がなくなる。



記事を読む

(↑クリック↑)




スマートショップガイドがピックアップした記事

気になるニュースや記事をピックアップした記事は、こちらです。


 サッポロビールの新商品が話題|プライベートブランド向け第三のビール



 サッポロ/渋みや苦みを抑えた「エビス#127」セブン&アイ限定発売(Maker News)



 コンビニは3強時代になり、ますます女性とシニア向けに特化していく(MAG2NEWS)





スポンサーリンク