10年後には、日本の「家電量販店」は消滅しているかもしれない(現代ビジネス)

yamada02.jpg

(画像:Webサイトより)


 家電量販店の大手3社(ヤマダ電機、ビックカメラ、ヨドバシカメラ)が、それぞれ独自の方向性を打ち出し始めている。背景にあるのは、日本の消費構造の大転換である。


SSGコメント

家電業界はネットで買った方が安く買えることを認めてしまった。



記事を読む

(↑クリック↑)



スマートショップガイドがピックアップした記事

気になるニュースや記事をピックアップした記事は、こちらです。


 ヤマダ電機、非家電の分野「不動産事業」へも進出(ZUU online)





スポンサーリンク