デパートの出店料・開業資金と出店者の負担金とは

dpt4.jpg

photo by 大丸神戸


 デパートに出店する際にどのくらいの資金が必要なのですか?




 そのような質問も受けます。




 答えは、


 出店するデパートによって違う。




 デパートに出店するなら、資金は通常店舗の3倍は準備しておくべきというところです。しかし、通常店舗の3倍といっても、業種や業態によってもさまざまです。




 準備資金は、多い方が良い。




 主婦や大学生に聞いても同じように答えるはずです。準備金といっても借入金を含めずに考えるべきなのです。デパートは、突発的な費用が発生します。その点を留意しておかなければ、後々の店舗運営で資金繰りに大変な思いをすることもあるはずです。




 経営者の仕事は、


 資金繰りで無駄な時間をかけず、


 店舗の運営や管理に時間とお金を


 かけるべきなのです。




 つまり、資金に余裕が無ければ、デパートに出店するべきではない。そう言い切れるのです。




 デパートに出店すると出店料や開業資金以外に出店者が負担しなければならない費用や負担金など、様々なお金が発生します。出店してから「知った」では遅いのです。




 具体的な出店料・開業資金、入金のタイミングや契約締結の手順については、詳しく紹介していきます。 




 こちらの続きは、プレミアム会員のみ閲覧が可能です。ご希望の方は、お問い合わせより、ご連絡ください。



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。


スポンサーリンク